検索
  • アート大福

お雛様

毎日こつこつお雛様の制作をしております。

わたしの豆雛は頭に色々のせちゃうタイプになります。

お気に入りに豚さんは個人のお客様のところへお嫁にいきました。

今販売用の商品は手元になく

今は山辺町のお雛様の展示用のお雛様を作成しています。

販売でなく展示のみOKを頂けるのって

作家として嬉しい出来事だと思います。

今回の展示のお雛様はわたしが触れたり食べたりした山形のイメージです。

きっと作り足りないものがたくさんあると思うのですが、

来年に足してたくさんつくれたいいなと。

そして、来年も作家として生き残れますようにと思うわけであります。

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

動き

お盆をしっかり休みました。 朝五時に甥っ子に起こされたりしましたが そろそろ来るなが解ってしまえば 石となり岩となり無になり寝たふりができるので余裕でした。 そして楽しみにしていたお墓参り。 お墓は心地よく長居したくなる場所。 なんでなのでしょうか。 今回もたっぷりお話してきました。 夫は後ろで私の漫談を聴いているだけでしたが ほっといてくれるので心置きなくぺらぺ~ら。 ご先祖様も近所のお墓さんた

うどん

わたしは夫のお腹でパンを種を大量に捏ねる練習をしている。 捏ねるだけならなかなかいいセンス持ってると思います。 夫は捏ねられてもずっとテレビみたり ゲームしたりしています。 なかなかいいセンスしていると思います。

訴え

私はわりとぱなしがおおい。 つけっぱなし。 まくりっぱなし。 はなしぱなし。←なにそれ? そうするとおばさんみたいな夫が注意します。 いつも言われっぱなしなので 夫がかなりひどいぱなしをしたときはこれ見よがしに 我が家裁判にかけます。 「うんこ裁判」 このうんこ裁判は 判決で有罪になると名前は「罪人うんこ」になります。 先日やっと夫を有罪にすることができたので 罪人うんこは反省したようです。 平和