検索
  • ゆめの

お3人様

昨日、西川町の伝承館にいきました。

身体の重たいくいだおれ太郎似の張子作家と

ツーブロックがこめかみ上、越しちゃって髪型天城越えな紙漉き職人さんと

すごくほんわかやわっこいオーラに芯は鉛筆のH9くらいのしっかりしている灯り作家さんとおしゃべりしたました。

お仕事で紙を使うのでわたしはお二人に惹かれてしまうのですが

3人で話してるとくだらないをくだらないで終わることはない感じでした。

大人になってからの友人はすごくファンタステック。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

動き

お盆をしっかり休みました。 朝五時に甥っ子に起こされたりしましたが そろそろ来るなが解ってしまえば 石となり岩となり無になり寝たふりができるので余裕でした。 そして楽しみにしていたお墓参り。 お墓は心地よく長居したくなる場所。 なんでなのでしょうか。 今回もたっぷりお話してきました。 夫は後ろで私の漫談を聴いているだけでしたが ほっといてくれるので心置きなくぺらぺ~ら。 ご先祖様も近所のお墓さんた

うどん

わたしは夫のお腹でパンを種を大量に捏ねる練習をしている。 捏ねるだけならなかなかいいセンス持ってると思います。 夫は捏ねられてもずっとテレビみたり ゲームしたりしています。 なかなかいいセンスしていると思います。

訴え

私はわりとぱなしがおおい。 つけっぱなし。 まくりっぱなし。 はなしぱなし。←なにそれ? そうするとおばさんみたいな夫が注意します。 いつも言われっぱなしなので 夫がかなりひどいぱなしをしたときはこれ見よがしに 我が家裁判にかけます。 「うんこ裁判」 このうんこ裁判は 判決で有罪になると名前は「罪人うんこ」になります。 先日やっと夫を有罪にすることができたので 罪人うんこは反省したようです。 平和